インプラントを受ける前に知っておくべき基礎知識

インプラント治療は、失ってしまった歯を補う事が出来る優れた治療法です。

人工歯根を顎の骨に埋め込む手術は、入れ歯やブリッジによる治療よりも力強い噛み合わせが可能になり、笑ったときの口腔内の審美性や、毎日のメンテナンスの面でも理想的な治療法とされます。
しかし、インプラント治療を受ける前には、カウンセリングなどを通じて症状や費用についての説明を受けるだけではなく、予め幾つかの重要な点を患者側が理解しておく事も必要です。
人工歯根を顎に埋め込む手術では、持病の有無が重要です。

とりわけ、糖尿病を患っている方や心臓病の傾向が見られる患者、免疫の機能に問題がある方が治療を受ける際には、歯科医とだけではなく、全身の健康状態について主治医とも相談した上で手術を決めることが必要です。

また、喫煙習慣のある方の場合は、インプラントの治療を受けた後には禁煙が基本とされます。



これは口腔内で人工歯根の機能を長期的に維持する為に不可欠なもので、喫煙習慣のある方は禁煙しなければならなくなることを知っておく事が大切です。



また、インプラント治療は定期的なメンテナンスが必要になるもので、歯冠に付着した汚れの除去だけではなく、噛み合せの状態や人工歯根の骨への固定具合など、検査機器を用いて確認してもらう事が必要です。


そのため、手術を受けた後には、定期的に歯科医院に通う事が必要になる事も念頭におき、インプラント治療を受ける事が必要になります。